ブログ

ブログ一覧

Blog


一覧へ戻る

2021.02.12

ソムリエ&酒ディプロマの和食店店主の日本ワインペアリング4

 

 

 

 <ソムリエ&酒ディプロマの和食店店主の日本ワインペアリング考察>-4

週一更新日本ワインと和食の合わせ探求

今週のペアリングはアルプスワインミュゼドゥヴァン松本平ブラッククイーンとねぎま鍋です。
マスカットベーリーAの生みの親で有名な川上善兵衛氏の代表作で日本固有のブドウ品種ブラッククイーン。メルロの主産地長野県塩尻市の近く、松本平産の赤ワインです。合わせる料理は鮪料理の定番、冬に美味しいネギと鮪の鍋料理、ねぎま鍋です。ネギと鮪は焼いてから煮込んでます。

◎ペアリング考察

こちらのワインはブラックベリーやプルーンと共に、日本らしいキャンディ香のする、ブドウの成熟度の高さを感じるワインです。
味わいは、ラベルは辛口とあるが、穏やかな渋みと柔らかな甘みを感じます。
ねぎま鍋と合わせます。甘辛味の出汁や、鮪の仄かな酸味がほんのり甘みを感じるワインと調和します。焼き目のついた食材の香ばしさがワインにの樽香とも相性がいいです。ワインと料理の合わせ方で、色を合わせるというのがあります。魚料理に白ワイン、肉料理に赤ワインとはよくいいますが、魚料理でも、赤身のマグロに甘辛?油味の出汁で、ばっちりハマります!同じ長野産のメルローとも合いそうな気がします!

このワインはスーパーでも買えますし、値段も手頃なのでおすすめです!

 

最近の投稿

月別アーカイブ

Copyright©2021 かもし家 All Rights Reserved.